仮想通貨流通の一端を担うUTRUST

UTRUSTは、仮想通貨をより使いやすくしたり、より多くの店舗が仮想通貨を使えるための仕組みを構築している企業です。
一般にICO(Inicial Coin offering)といわれる、仮想通貨を、市場で流通させるための準備などを行っている会社でもあります。
このICOは株式で言えば、新規上場のようなもので、市場で流通をさせるために、行われるものです。
さて、株式であれば、いったん、新規上場がされると、その後、株式市場で、売買を通じて流通が行われるとういイメージを持ちやすいかと思いますが、まだ黎明期である仮想通貨では、若干そのイメージが持ちにくいかもしれません。
特に新規上場となると、貨幣に新規上場などあるのかという違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そんな分かりにくい仮想の通貨の仕組みの土台を支えているのがUTRUSTという企業なのです。

世間でも認知度が少しずつあがりつつある世界の通貨を流通させるための仕組みを提供しているのが、UTRUSTなのです。
まだまだ世間では馴染みがない分、イメージが持たれにくいかもしれませんが、この仮想通貨の仕組みを確固としたものとできるからこそ、今後の仮想通貨の普及につながってくるのです。
時代は、どんどんこの仮想の世界の通貨の仕組みの方へ移行していきます。
中国では、すでに現物の貨幣では、紛い物が多く信用できないということで、電子マネーなどの現物でないお金が、現物の貨幣よりも、多用される時代になっております。

信頼(トラスト)できる企業に託す

われわれは、ついつい、現物での取引に安心感を覚えがちですが、テクノロジーの進歩により、すでに、仮想の世界、電子の世界でのお金の方が安全だと見なされることも出てきたということです。
今後、ますます、このような仮想の世界でのお金のやりとりは、増え、その中で経済活動は、促進され、現実世界との垣根はどんどん無くなってくることが予想されます。
そんな中、大切になってくるのは、やはり、UTRUSTのような信頼できる企業に、その仕組みを任せることです。
いわゆるフィンテックで、貨幣に関するやり取りのセキュリティーの高度化や、その仕組みの信頼性を担保することこそ、今後ますます大切になってきます。

仮想世界で価値を持つ貨幣とは

インターネットの発展により、様々な業界の垣根が取り払われ、便利な世の中が実現されてきておりますが、今後、時代がすすむにつれ、ますます大事になってくるのは、そのコミュニティーで実行力ということではないでしょうか。
仮想の通貨で、仮に大金を得たとしても、その大金が何かの対価として、交換されなければ、何の意味も持たない物になってしまいます。
それが、大金としての価値を持つことで初めて、その大金は意味を持つのです。
それは、仮想の世界でも現実の世界でも、ある一定の価値があるときちんと判断されることが大事であり、それが、なされて初めて通貨としての価値を持つのです。

デジタルワールドでの必須スキル

コンピューター内の、世界がますます進展し、その中で生きていく人が増えるにつれ、その生活圏でますます、生活をする人は増え、我々は、ますます、その中に生活をしていく術をもとめていくでしょう。
今後も、このデジタルの世界内での世界観の拡大というのは、確実なことで、それに合わせたUTRUSTのような、その世界観を担保してくれる企業とどう上手く折り合いをつけていくかということが、今後のデジタルワールドを生きていく上で、必須のスキルのように感じられます。
いずれにせよ、どんどん時代は流れていくものであり、その時代時代に合わせて、適応できる人間こそが、今後の時代に求められている人物像なのでは、ないでしょうか。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。