ビジネスはグローバルな速度へ

クラウドセールとは、仮想通貨を利用して資金調達する方法のことです。
ICOとも呼ばれています。
株式市場でいうところのIPOによく似ています。
IPOとは新規公開株のことで、株式市場にまだ上場していない株式会社が、これから新規上場を予定している段階です。
仮想通貨ですから、株式を発行するのとは違い、トークンやコインといった仮想通貨を発行します。
呼び方は違うものの、株式とトークンやコインはほぼ似たような意味を持っています。
トークンやコインを発行することで、一般から広く資金調達を開始しますが、トークンやコインは仮想通貨取引所に上場する形です。
インターネットを活用してお金を集める、クラウドファンディングの一種として利用されています。

Time is Money ――― 迅速な資金調達

株式市場のIPOだと株式会社として株を発行していることや、証券取引所の厳しい審査を通過しなければならないなど、企業が上場を果たすまでのハードルが高いですが、クラウドセールは仮想通貨であり、企業の他、個人でも気軽に発行し、仮想通貨取引所に上場できる環境になっていますので、資金調達がしやすいメリットがあります。
仮想通貨取引所の許可がなければ発行したトークンやコインを市場に流通させることはできませんが、1週間程度で上場が完了するほど素早い手続きが可能ですので、今すぐに資金調達したいときには便利です。
仮想通貨取引所に上場を果たしたトークンやコインは、その取引所を通じて一般の人が売買をします。
取引量に応じて、自社や個人のトークンやコインの価値が上下することもあります。

トークンやコインの使い道は2種類

トークンやコインの使いみちとして、現在では通貨型と資産型の2種類が存在します。
通貨型というのはお金のように使えるもので、発行した会社や個人が立ち上げたプロジェクトにおける取引で用いられます。
また、一般的な仮想通貨のように、ブロックチェーンとして活用することもできます。
資産型として利用する場合には、トークンやコインに特別な価値を示すもので、まるで土地を持っているかのような存在になります。
また、クローズなコミュニティへの参加ができたり、資金調達で運用されているプロジェクトが収益を上げた際の分配を受け取る権利を獲得するための存在として使えたりします。

アナウンスもチャンスも逃さない

IPOに似た方法ですので、まず企業や個人がプロジェクトについて投資家向けにアナウンスをする必要があります。
そのプロジェクト内容を確認し、投資家が興味を持ったり、トークンやコインの買い付けを考えます。
プロジェクトの投資額と期限を決めることも大事です。
ただクラウドセールを行うと決めただけでは投資家に広く知れ渡らないため、宣伝活動を行う必要があります。
宣伝を駆使して多くの投資家の関心を集めることによって、トークンやコインの売買がスムーズに行われるようになります。

1万円以下の投資も可能

売買の方法ですが、現在のところは円やドルなどの通貨で直接取り引きするのではなく、一般的に普及している別の仮想通貨を用いる方法が目立ちます。
ビットコインが使われる例が大半です。
興味を持ったプロジェクトのトークンやコインを購入する資金として、先にビットコインを仮想通貨取引所で購入します。
トークンやコインの売買を行う取引所にビットコインを送金して、購入する流れです。

1万円以下の資金で始められるため、気軽に投資を始めやすいのがクラウドセールの特徴です。
株式市場に上場していない企業や、プロジェクトに直接的に出資できる魅力を持っています。

良いことばかりでなく、リスクもあります。
株式市場のように法整備が整った市場ではないため、突然トークンやコインの価値が暴落したり、資金力を持つ少数の投資家に市場をコントロールされてしまう危険があります。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。