仮想通貨総合情報サイトが便利

仮想通貨総合情報サイトはビットコインなどの仮想通貨を取引したり、投資をするにおいて、情報収集に非常に便利なサイトです。
さまざまな種類の情報サイトがあり、仮想通貨関連のニュースやチャートなどをチェックすることが可能です。
いろいろな種類の情報サイトがあり、例えばポータル系ではニュースやチャート、使用できる店などを中心にいろいろな情報が纏められているサイトがあります。

情報サイトの内容

ビットコインはもちろん、アルトコインの情報もあるので便利です。
ニュース&まとめ系では、ニュースを中心に情報をチェックすることができ、英語はもちろん日本語で翻訳されたものもあり、情報が速めになっています。
ユニークな題材を選択した記事もあるので、楽しむことができるでしょう。
海外にも情報サイトがあり、世界的に有名なフォーラムがあります。
情報が速く非常に便利ですが、英語で纏められています。
とはいえ、レートや時価総額、前日比やチャートなどは分かりやすく纏められているので便利でしょう。
相場戦略系もあり、各仮想通貨の今後の見通しなどを記事にしています。
個人ブログ系も便利で、いろいろな人たちが投資家目線で記事を纏めたり、相場を予想したり、お得な情報などを記載しています。

仮想通貨のメリット

近年仮想通貨はビットコインなどを中心に世界的な盛り上がりを見せていますが、仮想通貨にはいくつかのメリットがあります。
例えば、仮想通貨の種類は急激に増えてきていて、その流通量も増加していますが、それだけメリットがあるということになります。
中でも大きなメリットとして「国籍がない」ということがあげられるでしょう。
インターネットを利用することができる環境があるだけで、世界中のどこにいても両替しないで通用することができるコインです。
海外に送金することも手軽に行うことができたり、すべての取引をインターネットで瞬時に決済することができます。
従来のように金融機関を経由していると、土日祝日や夜間において対応していませんが、インターネットにおいて繋がっている仮想通貨の場合、海外に送金しても1時間以内にすべて手続きを終わらすことができるでしょう。
手数料が安いことも魅力です。
取引する際に金融銀行を経由していると、通常手数料などを支払わなければいけませんが、仮想通貨の場合は厳密に言うと手数料は必要ですが、ほとんどないものと等しい金額になります。
頻繁に取引していたり、大きな金額で取引すると、通常では手数料がかなり高額なものになりますが、経費を削減することが可能です。
最近では企業も経費を削減するために、本格的に仮想通貨の参入を検討しています。
経済情勢などの影響を受けにくいという特徴があり、発行者がいないので、その国での金融政策や経済情勢などの影響を受けずに済み、例えばインフレになった場合もそのことによる損害を回避することができるでしょう。
特定の銀行に預けるものではないので、運営方針などの影響も受けません。
海外では銀行の預金封鎖が起こることがあり、そのような不安から解放されるので、自由に取り扱いすることができます。

デメリットもある

デメリットもいくつかあり、発行元がないのでその「価値」を国が保証してくれていないということです。
例えば盗難にあったり、価値が突然暴落したとしても、国としては現状何もしないだろうし、仮想通貨絡みの詐欺など被害もあるので、仮想通貨の運用には注意しましょう。
メリットがある分、その代わり何が起きたとしてもすべて自己責任になってしまいます。
仮想通貨は世界中から将来性が期待されていますが、価値がいつ変動するか分からないこともあるので、自分のライフスタイルに合わせて余裕のある金額で利用すると良いでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。