BLACKMOONとは

BLACKMOON(ブラックムーン)はイーサリアム・ブロックチェーンをベースにした、プラットフォームの仮想通貨です。
トークン化された金融アイテムなどが法定通貨世界や仮想通貨世界において行き来する新しいルールをリリースしたり、トークン化された金融アイテムの技術やインフラ、法的な遵守や企業の構築など、すべての分野において焦点を当てています。
開発者いわく、資産を投資する人がトークン化された資金を作り、運営するための総合的な解決策になると主張しています。
トークン化された金融アイテムに新しい基準を設けることによって、資産家はトークン化された資産を法的に作り出し、運営することができるので、法定通貨世界と仮想通貨世界を繋げる役割となると説明しているそうです。
ICO、いわゆるクラウドセールで購入することができ、世界中の人が注目しています。

BLACKMOONの経緯

2014年8月に「Blackmoon Financial Group」が設立し、2016年10月に国際的なベンチャーファンドや個人投資家たちから資本金として250万ドルを調達しました。
BLACKMOONの目的にはトークン化された資産が法定通貨世界や暗号通貨世界において、資産投資のチャンスを提供する世界の仕組みを作り出し、維持することにあります。
ブロックチェーンの柔軟性に関して法定機関にもたらすことよって、仮想通貨の投資に関する知識の恩恵を利用することが可能です。
法定通貨世界において資産投資のために、トークン化プラットフォームをリリースしています。
すべての資産は「ファンドトークン」という形で、料金の流れを作り出し、これらの100%の手数料はトークンにして登録され、所有者に分配される仕組みです。
投資におけるアドバイザーは一定量のBLACKMOONを入金し、資格を得てからプラットフォームにおける資産を管理します。
利用可能なBLACKMOONは分配期に発行されるので、インフレが起こらず、資産のトークン量は増加するようになります。

BLACKMOONのメリット

いくつかメリットがあり、例えば分散化や透明性などの暗号通貨における利点を保持し、さまざまな収入を図ることが可能です。
透明性というポイントでは、投資情報をブラックボックスのようにすることはなく、対応性において、必要なITや法的構造を作成するための手間をかけずにトークン化された資産投資を立ち上げたり、運営することができます。
流動性とユーザーというポイントからは、法定通貨世界での投資家は仮想通貨での投資家と同じようにトークン化された資産投資を行うことができ、既存のクライアントにもブロックチェーンにおける利益を提供することが可能です。

リスクは自己責任で

BLACKMOONは暗号通貨と法定通貨の世界における橋渡しをコンセプトに登場し、投資家にとっては魅力的なトークンでしょう。
暗号通貨での投資家はその世界を離れずに、法定通貨世界からも資産にアクセスすることが可能で、法定通貨通貨での投資家においては、新しい世界の資産にアクセスすることが可能です。
しかし料金の高さが問題視されていて、他のコインと比べるとアドバイザー料金は高額で、投資家はトークン化された資産に対し、追加料金を支払わなければいけません。
例えば組織や広告費、メンテナンス費や取引手数料などが対象です。
プロジェクトメンバーはトークンの所有者向けに、法的なサポートも約束していて、アメリカやヨーロッパを中心に法規制が敷かれようとしています。
今後の需要や法整備の状況など、今後の動向が注目されている仮想通貨です。
資産投資にはリスクが付きものなので、自分のライフスタイルに合わせて、自己責任で行うと良いでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。