新しい資金調達手段

新しい資金調達の手段として、ICOのマーケットが注目されています。
企業の業績が好調で、好調な業績を維持拡大するために設備投資を企図したとします。
例えば資本市場から資金を調達しようと考えた場合、株式を上場して資金を調達しようと考えた場合は証券取引所所定の審査があり、その審査は非常に厳しいために、上場を断念し新規設備投資に尻込みしてしまう地方の中堅企業も多いと思われます。

ICOが生まれた背景

中堅企業等が資金を調達する際には、銀行からの融資、あるいは新株を発行して出資してもらうケースにおいても従来からの株主が資本提供を行うことになるので開かれたものではなく閉鎖的な資本投下となっていました。
広く一般市民から資金を出資してもらうためには株式を上場することが求められてきましたが、昨今ではクラウドファンディングなる資金調達の方法も開発され、小口の投資家より、この方法にて資金を提供してもらい、特定の設備投資を行う等のケースも出てきています。
株式上場でもクラウドファンディングでも、投資家が拠出するのは日本国内であれば当然ながら「円」となりますが、投資行為を行う個人にとっても、投資を受け入れる企業にとっても非常に便利な手法が海外発で生み出されたのです。
それが仮想通貨のマーケットになります。

ICOは仮想通貨で行われる

ICOは資金調達の手法なのですが、通貨を用いた資金調達ではありません。
仮想通貨=ビットコインを用いた資金調達の手段となるのです。

エンターテイメントの事業においては、過去からも資金調達においてはかなりの困難がつきまといました。
スポンサー獲得のための営業活動、コンテンツのコンセプトを説明し理解してもらことから営業が始まりますから当然時間がかかることになります。

広告収入をあてにしたスポンサーからの資金提供を募ることが基本的な資金調達手段となりますが、たとえば映画の制作を考えた場合、ロケ費用や大道具・小道具制作費用、役者のギャラ、監督のギャラ、スタッフのギャラ等、多額の費用がかかります。
映画の場合は封切後の興行収入にて資金を回収することになりますが、費用を賄いきれずに大赤字を計上することも頻発するのです。

FLIKの登場

エンターテイメントのICOに利用されるビッドコインはFLIKと呼ばれます。
FLIKという仮想通貨の媒体を通じ、コンテンツ製造側では比較的簡易に資金を調達することが可能となりました。
また資金を提供しようとする投資家側からすれば資金を直接提供することが可能になることからコンテンツ製作上のオーナー的立場に立てることになるわけです。
FLIKを通じてコンテンツを自由に楽しむことも可能になりますから、エンタテインメント開発に関しては環境がガラリと変わる可能性を秘めているのです。

株式投資であれば企業の財務状態、企業が取り扱う商品特性、業界動向等の様々な評価ファクターを分析することにより投資の可否を判断すればよかったのです。
ICO市場の場合は、財務的な切り口から評価することの重要性よりも、特定の業界の伸びしろがあるかないかの判断に特化する傾向が見られると考えます。
上場審査のような厳格な対応は現在はありませんから、今後何かしらの規制が入る可能性はあるといえますが、現在のところの自由な資金の流通の状況を見ていると、評価されているものは自然な流れをしているように思われます。
株式市場では投資家の思惑やチャート分析から株価が上下しますが、上場企業の情報の公開により株価が乱高下することもあります。
公開情報により株価が反映されることになるわけですが、ICOがターゲットとされる事業は事業内容の公開においての財務的なアプローチは投資尺度を示すということではありません。
この点を留意して対応していけばいいのだと思います。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。