HASHRUSHの登場

HASHRUSHはカタカナ表記ではハッシュラッシュと書きますが、主にゲームに関わる暗号通貨のICO案件です。
正式セールが終了したばかりで、これからの時価の上昇も期待されています。
特にゲームの中でマイニングできる仮想通貨としては、世界初で、多くのゲームファンに熱狂的に受け入れられました。
webゲームそのものがマイニングしているというものもあり、実際に稼げるゲームとして多くのユーザーに認識されています。

従来のゲーム内通貨との違い

実はこれまでもゲームの中で使えるポイントというシステムはあり、アイテムの購入などに使われていました。
しかしHASHRUSHはポイントではなく仮想通貨なので、ビットコインのようなメジャー通貨に両替したり、日本円や米ドルのような法定通貨に両替したりできます。
さらにHASHRUSHをベースにしたストラテジー系の戦略ゲームも開発され、ファンを喜ばせています。
人気ゲームの中には、現在先行予約を受付中のものもあります。
例えば、ある惑星を舞台にして、ETHをマイニングをしながらコロニーを形成していくというゲームがあります。
コロニーの運営が成功し、ステージが上がれば他の惑星を植民することも可能です。
ゲームのステージが上がっていくごとに、マイニングされたHASHRUSHも増え、さらに他の仮想通貨を入手することもできるようになります。

HASHRUSHの将来性

その他、ICO案件としてHASHRUSHを購入した投資家にとっては、これらのゲームが成功することでHASHRUSHの知名度も上がり、時価も上昇するという利点があります。
そのためすぐに売却せずに、さらに時価が上がるのを待っている投資家も多いです。
マイナーなアルトコインによっては、暴騰と暴落を短期間で繰り返しているケースもあり、FXのスキャルピングのように、数分で売買を繰り返して利益を上げている投資家もいます。
一般的に仮想通貨は、法定通貨より値動きが激しく、ボラティリティが大きい傾向にあります。
そのためコツを掴めば、非常に短い時間で大きな利益を出すこともできます。
しかしそれは経験者が行う手法で、一般的にはICOはプレ期間で購入し、時価が上がった時に売るというケースが多いです。
ただし慎重になりすぎて、プレセールの様子を見るだけで購入せず、ICOに掲載されてから購入しようとすると利益が減ってしまうこともあります。
人気通貨は、値が上昇するのも早いため、決断力が必要です。
それには日頃からICOに関する情報収集を行い、良い案件があればすぐに購入すると良いです。
ちなみに元々ICOは、サンフランシスコにあるインティーゴーゴコンピュータハードウェアが、資金調達のために用いたのが始まりです。
当時はクラウドファウンディングとして扱われ、この開発に賛同する人々が出資者となりました。
その後、企業が独自の仮想通貨を発行し、出資者を募るという今の形に発展しました。

リスクは自己責任

注意点としては、全ての仮想通貨が上場するわけではないということです。
その前に削除されるコインも多く、そうなると手元に換金する価値もないデータのみが残ります。
その点、ハッシュラッシュは多くのゲームファンが応援しているコインなので、今後も価値が高まると推測されます。
交換所の流通量は、メジャーなビットコインやイーサリアムと比べると少ないですが、将来的にマーケットが拡大し、流通量も増えていく見込みです。
またハッシュラッシュは、これまで暗号通貨を知らなかった人々にも受け入れられており、急速に人気が広がっています。
利用しているブロックチェーンの安全性は高く、これまでに決済サービスなどでトラブルは起きていません。
ただし保管するウォレットの管理は、各個人が責任を持つことが望ましいです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。