MATRYXとは

MATRYXとは、米国のNanome.incによってプロデュースされたトークンです。
今話題になっている分散型コラボレーションプラットフォームで、研究者や投資家の間で人気が出ています。
実は仮想通貨マーケットでは、中国のICO規制による大幅な下落が見られました。
しかし将来的に、ICOで収益を上げていくことは可能と予想されています。
実際、ICOでハイリターンが期待できるのは事実です。
例えばイーサリアムを元にしたICOであるオミセゴーやオーガー、さらにバンコールなどは、話題のアルトコインです。

MATRYXの仕組み

中でもMATRYXは、将来性があるトークンと言えます。
このMATRYXのCEOはスティーブ・マクロスキー氏という人物で、MATRYXについて、公開記者会見やオンライン上で意見や将来的なビジョンを発表しています。
まずMATRYXは、マーケットと賞金システム、そしてデジタル資産のライブラリによって構築されています。
登録したユーザーが問題を解決すると、賞金制度によって報酬が得られます。
さらに結果はリアルタイムでシェアされて、報酬も関連寄稿者の全てに付与されるという特徴があります。
これらの寄稿物は将来的な購入のために、マーケットやライブラリに追加されるため、情報や研究の蓄積がマーケットプレイスに集積されることになります。
これらの情報は、特に公共コラボレーションにとって有用です。
また基本ブロックチェーンは、有名な仮想通貨のイーサリアムで、単位はMTXです。
さらに総発行枚数は314,159,265枚となっています。
このイーサリアムとは今、人気の仮想通貨で、時価総額はビットコインの次に大きいです。
直近では、ビットコインの時価総額は約4兆4000億円、イーサリアムは約2兆3500億円と報告されています。
仮想通貨全体で見ると時価総額は約10兆円のため、ビットコインとイーサリアムで、仮想通貨の67.5%前後を占有していることになります。

MATRYXの将来性

また、元々はブロックチェーンとバーチャルリアリティを使って、工学研究のために作られたため、バーチャルリアリティを通して、エンジニアたちがシミュレーションを行うことが可能です。
例を挙げると、新薬開発の際にエンジニアと開発者、科学者たちがブロックチェーンで話し合い、さらに実験と検証を行うことができます。
一度でもインターフェースでバーチャルリアリティを体験してみると、その便利さがわかります。
例えば、電子顕微鏡で見るようなナノレベルの世界を、コントローラーで移動させたり回転したりできます。
世界に散らばっている研究者たちが、このブロックチェーンシステムを利用すれば、新薬やワクチン開発にかかる時間を短くすることが可能です。
現在、利用されているのは薬学などの研究分野が多いですが、近い将来、P2Pを活用して世界の人々が同時に問題解決にあたることができるようになります。

大手医療企業の熱い視線

尚、ICOで成長したオミセゴーやオーガーなどのトークンは、どちらも大手企業から出資を受けているという共通点があります。
MATRYXに関してもこの点は同じで、大手医療系企業や製薬会社と提携しているという特徴が見られます。
さらに将来的に、世界中の大手企業と提携していく見通しです。
元々、ブロックチェーンを通して問題解決のソリューションになるというのが、スティーブ・マクロスキー氏の考えている大きなビジョンです。
また、プレセールやトークンセールなども発表されており、多くの人々の関心を集めています。
また仮想通貨で稼ぎたいと考えるプロの投資家たちが続々とICOに参加しており、さらに今の安い内に購入しておこうという人も多くいます。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。