SENSEの人工知能に焦点

SENSE(センス)はイーサリアムのブロックチェーンにおいて構築されているトークンです。
チャットや他のコンシューマ・アプリケーションにおいて、無価値のものを価値あるものに変えることができる仮想通貨です。
チャットにおいてブロックチェーンベースでのスマートコントラクトを作り出し、他のメッセンジャー・アプリケーションを仲介し、相手が会話する間に貢献しています。
具体的に言うと、利用者は人工知能のA.I.を訓練するために利用されるデータであり、知性の証明などを貨幣化することが可能です。
最初のアプリケーション「Sensay」はピアツーピアの会話のためにマーケットを作ります。
SENSEは開発者に会話ツールを提供することによって、人のデータの神経回路網などにアクセスすることができる、インテリジェンスを証明するためのプロトコルです。

SENSEの内容

SENSEはICOで購入することができ、インターネットを利用して簡単に購入することができます。
サイトにアクセスし、SENSEのトークンを購入するには、ビットコインやイーサリアムで送信することによって可能です。
250万ドルの目標上限で、250,000,000トークンが発行されていて、ドロップダウンメニューから入り、希望するトークンのUSD値を選ぶように求められるので、ドロップダウンメニューで選んだUSD金額はビットコインやイーサリアムに変換されて支払われます。
ビットコインやイーサリアムで支払われる金額は売却する直前に決定される為替レートに基づきます。

購入方法は?

参加する方法として、利用者がビットコインで支払いしている場合、利用者はビットコインを取引所やウォレットに入れて、クラウドセールのウィジェットを仲介し、表示されたところに送る準備ができます。
受取人に利用者のビットコインの払い戻し場所や、ウォレット・アドレスを指定します。
イーサリアムで支払いをする場合、イーサリアムをERC20対応のウォレットに入れましょう。
ビットコインやイーサリアムで購入する場合、クラウドセールのプロセスにおいて支払い情報などが表示された後、6時間以内に3件の確認が届くと購入は成功と見なされます。
6時間を経過した後に取引が処理された場合、払い戻しを行う権利があります。
どれだけのSENSEトークンが利用可能になったり作成されるかに関しては、事前販売とクラウドセールを通じて、250万ドルのターゲット・トークンを持つ250,000,000のトークンを提供していて、少なくとも1億トークン、つまり1千万ドルのトークンを予定しています。
ボーナスや割引などの特典は特になく、他のインセンティブなどもクラウドセールには利用することができません。
ホワイトペーパーは公式サイトでチェックすることができますが、英語で書かれているので時間がかかるかもしれません。

SENSEの将来性

「Sensay」プラットフォームは分散タイプの相互運用することが可能なメッセンジャー・プロトコルを提供していて、誰でも気軽に集中メッセージング・アプリケーションにおいて自由にチャットすることができたり、取引することが可能です。
SENSEトークンは利用者が「Sensay」プラットフォームや他のアプリケーションにおける会話を行った貢献に対し、報酬を得ることができます。
「Sensay」ネットワークには約300万人近くの利用者がいて、2,000万個以上の流通している仮想通貨があります。
他の仮想通貨とは少し違って、人工知能の開発に参加することができるので、社会貢献にも携わることが可能です。
会話するだけで報酬がもらえるというユニークな仕組みで世界中で人気があります。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。