SKYCOINの登場

SKYCOINとはどのような会社なのでしょうか。
それは、仮想通貨の暗号化技術に特化した会社です。
仮想通貨が進展するにつれ、ますます問題として取り上げられてているのが、スキミング等、犯罪集団による仮想通貨の窃盗です。
そんな、問題となっている仮想通貨に対する犯罪に相対するのが、SKYCOINという会社なのです。
仮想の通貨の価値の上下動や、流通範囲等が、まず先に議論されがちになっていますが、そもそも仮想通貨のセキュリティーをきちんと担保していないと、安全性が高いと思われている現実社会のお金にただ、主役の座を今まで通り明け渡すだけで、何らSKYCOINだから、特別にお願いしようということにもならないわけです。

ICOの潮流

今、まさにこのタイミングで、多くの企業が仮想の通貨のICO(Initial Coin Offering)を仕掛けて来ました。
このICOとは、耳慣れない方も多くいらっしゃるかもしれませんが、要は、仮想の世界の通貨を新規上場株式のように、あらたに仮想の通貨の取引所での取引を開始するということイベントで、指し示すものなのです。

資金の流れというのは、今後の成長企業や成長産業に向かっていきます。
SKYCOINというと、まだまだ認知度は低いかもしれませんが、クラウドの時代のセキュリティーを担保した仮想の世界の通貨と言えば、まさに我々が取り組まなければならない問題で、そういう企業にこそ、資金が回ってくる可能性は、今の世の中では高まっているのです。

SKYCOINが求められる背景

時代の変化の中で、なかなかSKYCOINのような企業が、今後の新しい貨幣通貨の世界を支えていくというのは、まだまだ多くの方には、理解が深くできないことなのかもしれません。
しかしながら、時代は、これまで、ネットの時代へと変化し、仮想化の時代へと進化し、次は、通貨そのものが、仮想の世界に爆発的に普及することが予想されるなかで、現実世界並みの貨幣に対するセキュリティーレベルは求められることになり、そういった場合には、SKYCOINのような存在が非常に大切になってくるわけです。

これからは、今まで、他とは、違うという業界の垣根がどんどん進んでいくことでしょう。
ものづくりをする企業もそれだけでは、今後は不十分で、ものに付随するソフトウェアもどのように構築すべきなのかとうことを考えねばなりません。
また、他の例としては、これまで、絶対的な存在として、その存在を疑うことがなかった、現実世界の貨幣でさえ、今後は、仮想の世界の通貨の取って代わられる可能性はあります。
何と言っても仮想の世界の通貨は、クリック、キーボードだけで、様々なトランザクションが完了され、使う側にとっては、こんなにもメリットのあるものはなく、人間の要求心理は、その便利な方に分かりやすく移っていく可能性が高いです。

仮想通貨の可能性

このようなことを背景にして、これから、ますます仮想の世界の通貨が普及していく可能背は高いです。
そうした時に、より何を頼りにした方が安全なのか、仮想の世界の通貨と付き合うには、どのように仮想の世界の通貨を捉えたら良いのかといことを、これまで以上に我々が真剣に考えなければ、ならない時代にきたのかもしれません。

これから、ますますITの世界では、分散化の流れが、進みもはや企業がどうであるというよりも分散の仕組みを確立し、なおかつその分散システムをまとめあげるだけのプラットフォーム提供者こそ、重宝される時代になるのではないかと感じております。

これは、ITの世界に止まらず、世界での貧困問題や、核兵器に対する協議、世界のトップリーダーたちが語る未来像の整合性の欠如などにもつながっているようにも思われます。
よりよい世の中を、作り出していくために、全体を俯瞰した戦略との整合性も今後、大事になってくるのではないでしょうか。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。