SMARTREは不動産トークン型のプラットフォーム

仮想通貨SMARTREトークンは、イーサリアムブロックチェーンを活用した不動産トークン型のプラットフォームです。
トレーダーやプロの投資家だけでなく、住宅所有者をサポートするのが特徴で、ICO案件としても注目されています。
まず住宅を持っている人々は、不動産として大きな資産を保有していることになります。
SMARTREトークンを利用することで、その資産的な価値を債務なしに現金化することが可能になります。
一方、投資家はSMARTREを使って居住用不動産を購入することで、利益を上げることができます。
さらにこのシステムには仲買人がいないため、中間手数料が発生しないというベネフィットがあります。
また安全性の面では全く問題がなく、イーサリアムブロックチェーンのネットワークは改ざんが不可能です。
ネットワークは複数のノードで構成されているため、それらの全てを不正に改ざんすることはできません。
こうしたことからSMARTREの価値は近年高まり、ICO案件としても人気が上昇しています。

ICOとは

尚、ICOとは従来の株式発行に似た資金調達法です。
株式と異なる点は、証券会社のような仲介組織がないという点です。
研究費がほしい法人や大手企業、さらに起業家に至るまで、自由にトークンの発行が行えます。
発行されたトークンはICOに記載されて、その中の一部が上場します。
残念ながら上場せずに削除されることもよくありますが、SMARTREのように価値が高まり、認知度が上がるトークンも複数あります。

トークンとは

ちなみにトークンとは、ブロックチェーン上で発行したコインを意味します。
仮想通貨は市場に流通しなければ、おもちゃのお札と同じように全く価値がありません。
しかし、ICOや取引所を使って広めることで価値が上がり、価格が与えられます。
ビットコインやイーサリアムとトレードしたり、さらに現金化したりすることで、益々価値が高まるという性質を持ちます。
また決められた一定のシステムで供給量が増加するようにプログラミングされているため、個人や法人がそれを変化させることはできません。

仮想通貨は金融商品のようなもの

また発行元のない仮想通貨もありますが、トレーダーや投資家にとっては、株式のような金融商品と言えます。
似ている点と言えば、例えば価格変動によって差金決済を行えば、その差額が利益になります。
上場前に購入して、価格が急騰してから売ることで、売却益を手に入れることができます。
また言葉を替えると、クラウドファウンディングプロジェクトにも似ている資金調達法です。
購入者は、その研究やプロジェクトを応援したいために、購入するというケースもよくあります。
元々は2013年に、クラウドファウンディングで資金を調達していたアメリカの企業が、コンピュータハードウェアの企画販売で使ったのが初めです。
それ以後、同じ方法を採用する企業がアメリカを中心に現れて、現在のように注目されるようになりました。
ただし、新規株式公開を意味するIPOと比較して、まだ歴史が浅く、システムも現在発展中です。
今のところ中国を除いて政府の介入はありませんが、将来的に世界の主要国の政府が関与する可能性も考えられています。

その他、各種Webサイトやメールマガジンなどが、リアルタイムでICOに関する情報配信をしていますが、情報を判断して投資するのは自己責任となります。
株式投資と異なる面も多いため、株式に成功している人でも、購入に際しては、慎重に考える必要があります。
しかし比較的短期間で、直接的に売却益が得られるのも事実で、多くの利益を上げている投資家もいます。
ただし参加しても即座に上場するわけではないため、長期的な観点で投資することが望ましいです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。