ICOとIPO

優良IPOと同じで、ICOにも良い案件とリスクを含んだ案件とがあります。
まずIPOですが、Initial Public Offeringの頭文字を取った略称で、新規株式上場を指します。
勢いのある優良な銘柄であれば、多額の資産を作ることも夢ではありません。
一方、ICOはInitial Coin Offeringの略称で、企業が独自にリリースしたトークンや仮想通貨によって、資金調達を行うプロセスです。
IPOと比較して短期間で収益が出るのが特徴で、さらに証券会社を介さないため、中間マージンが生じないのが利点です。
出資者にとっては、株のような優待制度でなく、通貨という直接的な形で利益を得られるのが魅力です。
さらに気に入ったプロジェクトやビジョンを応援するという意味で、クラウドファンディングとも似ています。

実際、初期のICOはクラウドファンディングの一環として米国で行われました。
ただし上場する見込みのないICO案件に出資しても、上場する前に消えていくので注意します。
時価の高騰が見込める暗号通貨を見極めることは簡単ではありませんが、大きな売却益を得ている投資家がいるのも本当です。
しかし株式投資とは異なる面があるため、初心者は十分研究してから案件を選ぶようにすべきです。

TOKENSTARSの登場

その点、TOKENSTARSは、プロを目指す若手のプレイヤーをサポートするというビジョンでリリースされました。
スポーツファンはもちろん、若者を支援したいという人々にも快く受け入れられ、人気が出ています。
若いスポーツ選手を育てたいという人なら、TOKENSTARSに投資することで、このプロジェクトを応援することができます。
そのため、TOKENSTARSの購入者にはスポーツファンが多いです。
また好きなプロジェクトを支援するという点で、ICOはクラウドファンディングと似ています。
投資家は若い世代の選手を支援することで、満足感を得られます。

リスクは自己責任

ただしまだ新しい資金調達システムなので、法律的措置が緩いです。
その結果、自由に取引できるというメリットもありますが、トラブルについては自分で対処する必要も出てきます。

リスクを回避するには、常に最新ニュースに注意し、万が一トラブルに遭った場合は、すぐに専門の弁護士等に相談すべきです。
最も良いのが金融庁のサポートデスクを頼るという方法です。
暗号通貨やトークンに関する専門家がいますので、解決へのアドバイスを得ることができます。
その点、TOKENSTARSはブロックチェーンを利用しているため、全ての電子データを改ざんすることは不可能です。
数ある案件の中でも、ローリスクの投資と言えます。

投資対象としての仮想通貨

さらに事業主の方も、受け取ったTOKENSTARSは安全性が高いの、で安心して交換所で換金できます。
すぐに米ドルや日本円にしても良いですが、いったんビットコインなどのメジャー通貨に両替してから売却した方が、得になることもあります。
これは差金決済取引と同じで、なるべく安い時に買って高騰してから売却するという手法が使えます。
また購入者の方でも、すぐに売却せずに、時価が上がってから売るという人が多いです。
特にデリバティブ取引などの経験者は、その経験を活かすことができます。
ただし仮想通貨の場合は、基本的に電子データなので、通貨の送金や支払いは、ウォレットや割り当てられたアドレス宛てに振り込まれます。
そのためウォレットに関する最低限の知識は必要です。
その他、ギフト券や回数券のように利用するコインもありますが、いずれの場合もビットコインに両替できることが多いです。
サービスの内容によっては期限が設定されていることもあるので、注意が必要です。
その他、換金所によっては若干手数料が生じるケースもあります。
前もって、最も安く取引できる条件を調べておくと損をしません。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。