UMBRELLAの登場

仮想通貨UMBRELLAコインは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたプラットフォームで、主に保険関係の支払いに特化しているのが特徴です。
具体的には、生命保険の保険料を仮想通貨UMBRELLAを使って支払い、さらに保険金をUMBRELLAで受け取るというシステムです。
またUMBRELLAは、対応している取引所を通せば、現金化することも可能です。
ただし価格が下がっている時に現金化してしまうと損をするので、日頃からチャートの値動きをチェックしておく必要があります。

投資家の熱い視線

さらにUMBRELLAコインは、ICO案件としても大変魅力的なので、プロの機関投資家の間でも話題になっています。
このICOとは、従来の新規株式公開に代わる資金調達システムで、中間マージンが発生しないのが魅力と言えます。
また購入者にとっては、株式購入の時に得られるような優待制度はなく、直接的な売却益を得られるというメリットがあります。
さらにICOは、クラウドファンディングとしての側面を持っており、サポートしたいプロジェクトに投資することが可能になります。

目利きが必須

実はICOは、元々はクラウドファンディングの一環として、サンフランシスコに拠点を持つ大手企業によって始められました。
ただし、将来性のないICOに投資すると、上場する前に削除されることもあるので注意が必要です。
また、換金性の低いマイナー通貨の場合は、価値のない電子データしか残らないという結果も予想されます。
従って、適切で上場しそうなコインを見極めて、投資することが望ましいです。
また発行元の事業者としては、集まったコインを交換所で換金すれば、事業資金に充当することができます。
医薬品の研究や各種プロジェクトの資金としても利用できます。

仮想通貨の扱い方

投資家に対しては、商品やサービス、あるいはプロジェクトがある程度完成した時に、その対価としてコインを引き渡します。
そのため短期トレードというよりも、長期的な投資として見る方が、利益を上げやすいです。

さらに投資家には、アドレスや秘密鍵、ウォレットといったものを使って、通貨が振り込まれます。
その際、マイナーな通貨の取り扱いがないウォレットも若干あるため、注意します。
しかしプロジェクトが成功したなら知名度も上がり、その結果、コインの価格も上昇します。
いつ現金化するかは、普段からチャートや値動きをチェックして、最も高値と思われる時に換金します。
判断は難しい点もあり、様々な手法がオンライン上で公開されています。
成功者のブログなどを、読んで参考にするのも良い方法です。
情報配信をしているメールマガジンやブログもありますが、その情報の真偽を判断するのは自己責任です。
確実に価格変動を当てることは困難なので、多くの情報を収集をすると良いです。
また、日本では仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどが、高い知名度を持ちますが、最近はICOが急増しており、様々な通貨が市場に流通しています。

UMBRELLAコインもその一つで、日本でも徐々に認識されてきています。
通貨単位はUMCで、UMCネットワークでは支払いの処理スピードが速いのが特徴です。
従来の保険会社は保険料に手数料が含まれていましたが、仮想通貨では手数料が安価なので便利です。
また保険料は、様々なライフイベントで必要となりますが、満期日による最大支払い額などは安全に管理されています。
イーサリアムプラットフォームのセキュリティは強固なので、複数のブロックチェーンを全て改ざんするようなことはできません。
その他、仮想通貨は日々進歩しているため、常に最新情報に注意を払っておくことが大切です。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。