トークンセールとは

トークンセールとは、企業や団体が新たに事業を開始したい時に必要な資金を集める方法です。
一般的にビットコインやその他の仮想通貨は「お金」として利用する目的でコインが発行されます。
これに対してトークンセールで売り出されるコイン(トークン)は「お金」としてではなくて新規発行株式や社債のように、出資の目的で販売されます。

新しい資金調達方法

昔は企業が新規に事業を始めるために必要な資金を集める場合に、紙に印刷された株券や債券が現金で売買されていました。
現在は電子証券化された株券が証券会社でIPO株などの形で販売されて、資金が集められています。
トークンセールとは証券会社で取り扱われている電子証券ではなく、ブロックチェーン方式の仮想通貨の仕組みを利用したトークンとして販売されて一般の人から新規事業に必要な事業資金を集める方法で、ICOとも呼ばれています。
トークンの販売方法で多いのは、最初は企業が一定の価格を決めてから一般向けに販売を開始して、その価格で買い取りを約束することで信用を得ます。
ブロックチェーンの仕組みを利用しているため、入手したトークンは自由に売買することができます。
ある程度トークンに信用が得られるようになると、時価で仮想通貨などと交換が行われるようになり、仮想通貨と同じように流通します。
トークンは仮想通貨のように流通するだけの機能しか持たないケースもありますが、中には株券のように所有しているだけで配当金が受け取れる「利益配当型トークン」と呼ばれるトークンも存在し、一部の銘柄は高値で取引が行われています。

トークンセールでは、広く一般から購入希望者を募って販売される場合もありますし、ネットワークビジネス方式(MLM)で、代理店契約を行った個人や会員になった人に販売されるケースもあります。
売り出されたトークンが値上がりするかどうかは、発行元の組織の信用や事業の進捗状況により左右されます。
発売後に急激に値上がりするトークンもありますし、価格が下落するケースもあります。

トークンセールのメリット

トークンセールはIPOとして新規に株式を発行するよりも、低コストで幅広く資金を集めることができるというメリットがあります。
IPO株は証券会社を通して販売されますが、トークンであれば企業が独自のルートで販売することも可能です。
ベンチャービジネスなどで資金を集めたい個人や組織にとって、ICO方式の資金集めは非常に魅力的な手段です。
出資する側も、少額の資金で手軽に事業に出資することができます。

トークンセールのデメリット

トークンセールには、デメリットも存在します。
仮想通貨も価格変動が非常に激しいためリスクがあるのですが、トークンは仮想通貨以上にリスクがある場合があります。
一般的に仮想通貨取引所では知名度が高いメジャーな通貨やトークンしか取り扱われていません。
海外の仮想通貨取引所ではTenX PAYトークンなどの一部のトークンも売買取引が行われていますが、ほとんどのトークンは取引所で売買が行われていません。

そのため、発行元の企業が一定のレートで他の仮想通貨や現金と交換することを約束する形で販売が行われています。
もしも発行元の企業が倒産した場合には交換ができなくなるため、トークンは無価値になってしまいます。
最近はICOを利用した投資詐欺や、ネットワークビジネス(MLM)方式でトークンが販売されるケースが世界的に増えていて、これに伴うトラブルも発生しています。
中には一定の割合で仮想通貨と交換することを約束して販売されているのに、交換を拒否するようなトラブルも発生しています。
そのため、ICO方式で出資金を集めることを禁止している国もあります。

トークンセールは手軽に事業に出資を行うことができるというメリットもある反面で、投資詐欺やMLMのトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、購入する場合にはよく調べておく必要があります。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。