トークンセールとは

トークンセールとは、簡単にいえば仮想通貨を利用して資金を調達する仕組みの事を言います。
事業を始める場合、その為の資金が必要となりますが、その時の資金調達法は現在様々な方法があります。
その中でも新しいジャンルとして注目を集めているのが仮想通貨(トークン)です。

現金を利用する時と比べると様々なメリットがあると言う事で、ここ数年で一気にその需要が広がって行きました。
トークンセールは事業を勧めたい人や企業が新規に発行した仮想通貨を支援者に購入してもらうことによってお金を集める仕組みとなっています。
ICOと言われる事も多いのですが、どちらも同じ内容を指しています。

仮想通貨の類型

新規事業を行いたい個人や企業が発行する仮想通貨には様々な役割を担わせることができます。
その役割自体は発行者が自由に設定できるようになっていますが、大きくは2つに分けることが可能です。

その一つが通貨型です。
これはその名の通りつかとして流通させる事を目的として利用しています。

もう一つが資産型で、これは所有権を示したりする時に利用したり、特別なコミュニティやプロジェクト等に参加する為に利用できる参加権の様な位置づけの物のことを言います。

資金調達法としては他の方法も有りますが、トークンセールの大きなメリットの一つが、市場取引までのスピードが非常に早いと言う事です。
仮想通貨を発行した場合、その取引は取引所で行うことになりますが、その許可さえ出れば後は売買は自由に行う事が出来るようになります。
許可が出るまでの時間は早く、中には1週間程度で市場取引が可能となるケースも珍しくありません。
つまり、他の資金調達法に比べるとより素早く目標額まで資金を集める事も決して不可能ではないと言う事になります。

株式公開のデメリット

もちろん資金調達と言う点から言えば、敢えて仮想通貨を利用しないでも投資家からお金を集める事は決して不可能ではありません。
その一つの方法が株式です。
しかしこの場合、多額の資金を集めたいとなると入念な事業計画書が必要となり、さらに投資家に対してその計画の説明を繰り返さなければいけません。

もちろん株式を投資家に吐き出す必要も有ります。
しかしトークンセールであれば株式を保有したままの状態にする事も十分可能なので、現在ではこの方法を選ぶ企業が増えてきています。

投資する側のメリット

さらに投資家としてもメリットのある方法と言えます。
実際に株式投資等を行う場合は自己資金をある程度用意しておかなければならない場合も有りますが、トークンセールであれば1万円に満たない額の資金でも投資を始める事が出来るようになるからです。
その為、投資の初心者にとっても始めやすいと言うメリットがあります。

ただトークンセール自体はまだまだその市場は発展途上となっており、現在では明確な規制がそれ程確率していないと言うのが現状です。
その為、資金調達法としてはとても便利な方法ですが、メリットだけでなくデメリットも存在しています。
しかし今後の市場の発展等を考えると、仮想通貨に対する規制を強化する事はとても重要なポイントになって来ます。
その為、現在では各所に置いて徐々に規制の波が広がってきています。

例えば証券に近い性質を持っている物の場合は金融商品として扱われるようになるとか、先物取引の対象となりうる仮想通貨の販売は規制する等です。
ただ規制が入ると言う事は、それだけトークンセールに関する安全性が高まると言う事にもつながります。
例えば利用する企業の情報開示が適切に行われる様になったりするのもその一つです。
まだ仮想通貨自体は市場に出てきてからそれ程時間が経過していませんが、今後はトークンセ-ルを利用して資金調達をする所がより増えて行くと予想されています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。