ブロックチェーンの開発者のためのプロトコル

BLOCKVという仮想通貨がICO(Initial Coin Offering)されます。
ICOとは、取引所で、売買が開始されるということです。
それでは、BLOCKVとは、いったい、どんな仮想通貨なのでしょうか。

それは、ブロックチェーンの開発者のための共有するためのプロトコルであり、ブロックチェーンの成熟期を迎えていく上でのインターフェースを代表するものです。
これにより、開発者は、ますます成長していく生態系の中で、新しい収入を得る機会を得て、なおかつ将来へつながるビジネスを新たに設計していくことにもなっていくのです。
このプラットフォームは、急速にエンドユーザーへの可能性を拡大していく、デジタルの生成物であり、デジタルと現実の世界を融合していくものです。
vATOMSと呼ばれるこのデジタルの生成物はマルチメディアの要素とも融合し、開発者やユーザーにとって生きた資産となるという仮想通貨なのです。
デジタルの生成物は、人間にとって、ますます重要になりつつあります。
ゲームの商品や、デジタルカード、デジタルブック、音楽など、ありとあらゆる社会生活にデジタルが活かされているのです。

ユーザーインターフェースの重要性

今やネットワークでのコミュニケーションというのは、情報の移動から、価値の移動までに広がってきています。
ネットワークが今や多くの産業や政府などで、新たな形を生み出そうとしています。
しかしながら、仮想の通貨のような新しいものがこれから、伸びようとは、していますが、黎明期ゆえの課題というものも出てきています。
一般的に黎明期のアーリーアダプターは、上手くいかないことが多く、ブロックチェーンも例外ではありません。

ここから、主流になるためには、ユーザーインターフェースというものが大切になってきます。
より使いやすく可能性を生んでいく収入を生んでいくことことこそ、このユーザーインターフェースの進化につながっていくのです。
この典型的な例としては、スマートフォンがあります。
誰もが自分達のアイデアを持ち寄ることができ、グローバルの巨大な観衆へも簡単にアクセスすることが可能となるのです。
数多くの開発者たちは、無数のアプリを作り上げ、無数のダウンロードがされてきました。
これにより、人間の生活は飛躍的に変わったと言っても良いでしょう。

ブロックチェーンの裾野の広がり

このようなインターフェースとして、新たに立ち上がろうとしているのが、BLOCKVです。
それは、開発者の階層に覆いかぶせるプロトコルで、開発を容易にするためのものです。
これによりより早い開発が可能となり、より分散化された知的作業が可能となるのです。
ブロックチェーンを使った技術の多くは、現実の貨幣とも連携するものとなってはいますが、まだまだ技術が成熟しているとまでは言えません。
BLOCKVは、この未成熟な分野で、本当にユーザーの役に立てる確固とした技術を確立しています。

新しい世界観

今後、ますますデジタルの商品が増えてきます。
これは、使う端末や、商品を入手する場所だけでなく、概念さえも変えていくのです。
vAtomの技術は、まず現実の世界の商品をやりとりするあらゆるところに、これから浸透させていく計画です。
スマートフォンや、PC、テレビ、ゲーム機等があれば、この仮想通貨の技術を使えるようになるというのが、BLOCKVの今後の計画です。
これにより、人々の経験による価値基準も変わってくることでしょう。
そして、これこそが、すそ野の広い、分散化した次世代の経済ネットワークを生成するものとなるのです。
このような素晴らしい世界を実現していく手段こそが、BLOCKVという新たにICOを迎えることになっている仮想通貨なのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。