特殊な構造の仮想通貨

BLOCKV仮想通貨の中では非常に特殊な構造を持っています。
そのため、その構造が非常に高い秘匿性を持っているとして注目を集めており、今後の普及次第ではこれまでの仮想通貨に変わり中心的な役割を果たす可能性があるとして多くの投資家に注目されています。
その中でも最も大きな要素が、自己増殖するブロックチェーンの構造です。

構造的リスクが存在した

これまでの仮想通貨はブロックチェーンの構造は基本的に同じで、その中に書き込まれるデータが異なるため専用の秘密鍵でしか解読できないと言う構造になっていました、そのため、そのデータが盗聴されてしまうと秘密鍵を生成するのは比較的簡単なものとなっており、場合によっては追加自身の価値が失われたり、偽造されて悪用されると言う危険をはらんでいました。
これを解決するために通貨自体を分散する構造にしてネットワーク上にちりばめ、必要な時にこれらを集めて復元すると言う手段を行っていますが、これについても分散化のパターンは同じであるため、その構造が見破られてしまうと容易に偽造できると言う欠点を持っていました。
BLOCKVはこの構造を全く変えることで秘匿性を高め、かつ盗聴や偽造のリスクを大きく減らしているのが大きなポイントです。

原子構造を模倣

BLOCKVで使用されているブロックチェーンはVirtual Atomsと呼ばれるもので、原子構造のモデルをモチーフにして生まれたものです。
原子はそれぞれ1つの独自の構造を持っており、これらを組み合わせることで様々な物質に変化すると言う特性を持っています。
また、原子の周辺には電子が存在しており、この電子の数によってもその性質が微妙に変化するため、これらの組み合わせによって様々な物質の特性があると形作られると言うことがこれまでの物理学者によって証明されています。

BLOCKVはブロックチェーンにこの原子の構造をモチーフにした方式を採用しており、それぞれのブロックチェーン自体に特異性を持たせることで盗聴されても利用できないような構造となり、周囲の電子に見立てたデータをその通貨の状態によって変更することで、まったく異なる性質を持たせることが可能になっています。
そのためこれまでの通貨のように情報を盗聴し内部のデータを改ざんすることで通貨を偽造するといった方法ができなくなるばかりでなく、不正に利用した場合にはすぐにこれが発見されてしまうと言う特性を持っているのが特徴です。

全く新しい形態

これはこれまでの仮想通貨にはない特徴であり、またこれまでの通貨に比べ非常に秘匿性が高いことや、その構造によりデータの量を少なくすることができることからインターネット上のやりとりにおいても非常に利便性が高まるとして注目されており、今後行われるICOにおいても多くの投資家の注目を集めています。

これまでの仮想通貨の大きな特徴は、基本的な構造は同じであるため風馬同士の交換を行う際にもそのデータの比較が容易であり簡単に交換できると言うメリットが歌われていました。
しかし実際に異なる通貨を交換する場合にはいちど基準となる通貨の携帯にデータを変換し、このデータからさらに対象となる通貨のデータに変換するという手間が発生するため、実際にはデータの構造を同じにするメリットはほとんどないのが実態です。
逆にデータの構造を同じにすることで改ざんが行われやすいと言うリスクをことになり、最近では通貨同士の交換については様々な見直しが行われています。

BLOCKVはこのような現在の仮想通貨のデメリットを十分に考慮した上で開発されたものであり、データ構造をこれまでの通貨と全く異なるものとしたことでセキュリティーレベルが高まるとともに、万が一盗聴された場合の悪用されるリスクが非常に低くなることが期待されています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。