デジタル資産取引向け仮想通貨

BUGUはインターネット上で行われる様々なデジタル資産の取引に関連する利便性を追求するために生まれた仮想通貨です。
近年ではソフトウェアや様々なデジタル情報など現実の取引において非常に扱いにくい向けの情報のやりとりが非常に多く行われています。
またこれらの情報は従来は紙媒体やメディアで取引されることも多かったのですが、最近ではデジタル情報としてやり取りされることも多く、この場合には代金のやりとりだけを現実世界で行わなければならないと言うデメリットが発生していました。
本来これらの取引は物品とその対価を同時に交換することが理想的であり、 1部では信頼できる相手に対して物品を納入した後で代金を支払うと言う後払いの取引も成立していましたが、この場合には相互の信頼関係が確立されていることが前提であり、またこれらの取引に関する個別の契約書が用意されるのが一般的です。
実際にインターネットが普及した現代であっても、単発の取引や一般の顧客との取引の場合には物品と対価を同時に交換するか、もしくは商品を購入する前に代金を支払うといったケースが多く、非常に煩雑なものとなっていたのが実態です。
またこの取引の方法においては、商品を提供する側が代金だけ受け取る実際に商品を発送しないと言う悪質なトラブルも発生していることから、物品と対価をリアルタイムで交換できる仕組みを整えることの重要性が大きく求められているのが実態です。

ネット上での取引

しかし実際の媒体や物品の場合には現実の取引において物品と代金を交換することが可能になりますが、物品がデジタル情報である場合にはインターネットを利用してデータを送信することで取引が成り立つ側面があり、この際の対価の支払いについても同様にデータ通信においてて実現できれば非常に便利になると言う発想があり、この目的のために開発されたのがBUGUとなっています。

BUGUは基本的にはデジタル情報のやりとりに特化しているため、一般的なインターネット上のその他の用途には使用できないような構造になっていることが大きな特徴です。
ブロックチェーンの中にはその用途以外の利用を認めないデータが書き込まれており、偽造や盗聴を防ぐ仕組みが網羅されています。
そのため、利用できる範囲が非常に狭く高い評価を得ることが難しいと思われていましたが、実際のICOにおいては多くの投資家から高い評価を受けることとなり、その普及についても多くの投資家が期待するものとなっています。

注目される背景

BUGUが多くの投資家から注目されるその背景には、近年のデジタル技術の普及があります。
音楽コンテンツや映像コンテンツなどインターネット上のデータについては現在はメディアを通して販売するよりも直接インターネット上でデータとして販売を行う方が非常に効率的で、 かつセキュリティをしっかりとすることで安全に利用できると言う面があります。
従来の仮想通貨は基本的には様々な取引に応用される面があることや、現実の取引との橋渡しをする役割が非常に大きかったのですが、BUGUの場合にはインターネット上のデータの取引に限定されているため、現実世界を介さずにすべての取引が完了すると言うメリットを生み出します。
これはこれまでデータを売買する際の大きな障壁となっていた代金の取引のみが現実社会で必要と言う問題を払拭するものとなっており、多くのインターネットビジネスにおいても画期的な通貨として非常に注目されているためです。

国際取引での問題

インターネット上でのデータの取引の場合に最も問題となるのは、取引の成立から対価の支払いまで日が空いてしまうとレートの変動等により利益が変動してしまう危険性があり、特に国際間の取引においては売り上げに大きな影響及ぼすためトラブルになることも少なくありません。
BUGUはこれらの問題を解決する理想的な仮想通貨として期待されています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。