仮想通貨と投機

仮想通貨は本来インターネット上での取引をスムーズに行うために生まれたものですが、近年では現実通貨を増やすための投資の対象として用いられることが非常に多くなっています。
そのため多くの用途の仮想通貨が生まれ、これに投資を行う投資家が増える反面、その価値が認められず通貨としての存在意義をなくしてしまうものも少なくありません。

ネット取引の問題点

仮想通貨を利用しないインターネット上の取引において最も大きな問題となっているのが、電子的な情報の取引においてその取引がインターネット上で完結せず、現実世界においての取引を伴わなければならないことです。
電子的な情報の取引においてはネットワークを介して売り手と買い手が接続することで情報の受け渡しが可能で、取引自体は相互に対面することなく完了するものですが、これに対する代金を支払う際には様々な手続きが必要になるため、インターネット上の取引だけでは完結しないことになります。
電子的な取引と言う面ではクレジットカードによる決済や銀行振込といった方法が想定される場合もありますが、これらは現実には金融機関やクレジット会社といった第三者が介入することになるため、これらの取引が介入してしまう点に問題があります。
特にリアルタイムでの取引を望む場合に、代金の受け渡しが第三者を介することでタイムラグが発生し、トラブルの元となってしまうことも少なくないのです。

そのため、仮想通貨を利用し情報の交換と代金の交換を同時に完了させることができることで、効率よく取引が行えることになります。

電子情報の取引以外には利用できない仮想通貨

BUGUはこのような本来の仮想通貨の目的を実現させるために生まれた通貨です。
そのため電子情報の取引以外には利用できないことがブロックチェーンにおいて規定されており、現在はこの目的以外には利用できないことになっています。
そのため他の通貨のような投資目的の利用はできないことになっており、インターネット上での情報の取引において非常にシンプルに利用できるものとなっています。

BUGUのセキュリティ

BUGUのブロックチェーンは他の通貨同様基本的な構造が同じで、秘匿性の確保についても基本的には同じアルゴリズムを用いているため非常に利用しやすいのが大きな特徴となっています。
さらに他の通貨同様セキュリティを高めるための分散構造を実現しているため、取り扱いが非常に利便性の高いものとなっている点が大きなポイントで、これまでインターネットの取引を仮想通貨を利用して行っている利用者にとっては非常に使いやすいものになっている点も大きなポイントです。
最近では投資目的で開発される通貨も非常に増えており、ICOにおいて多くの同志を集めるために独自のアルゴリズムを開発し、その優位性を謳って多くの投資を集めようとする場合もありますが、この場合には秘匿性が高いものの実際に取引ができる相手がその解読方法を入手していることが前提となるため、普及するには非常に高いハードルが存在してしまうものです。
BUGUは一般的な通貨と同じようなブロックチェーンの構造となっていることからその取り扱いが容易で、取引自体が実際の物品のやりとりを伴わないため情報が不必要に流出するリスクが低いと言う点があります。

そのため、BUGUは投資目的の通貨とはなりえない性格を持っている者ですが、ICOにおいてはその利便性と将来性が非常に多くの投資家に高い評価を得ており、ICOにおいて投資をする投資家が非常に多いのが特徴です。
そのためICOに置いてBUGUの通貨やトークンを入手した投資家がこの通貨やトークンを利用して様々な情報の取引を行うことが予想されるため、その普及が促進されることが予想されます。
本来の目的は投資対象にはなり得ない点があるのですが、その普及に伴い市場で高い価値を持つ通貨として成長する可能性を持ったものとなっています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。