エンタメに焦点を合わせた仮想通貨

FLIKという仮想通貨がICO(Initial Coin Offering)されます。
ICOとは、取引所で売買が開始されることを指しています。
それでは、一体、FLIKという仮想の世界での通貨はどのようなものなのでしょうか。

FLIKは、エンドトゥーエンドで、クリエイティブなプロジェクトの基金を集めたり、分配したり、そのフレームワークの中で全ての支払いを行えるものです。
これは、エンターテイメントが、今後、発展していく上で、非常に大切なことになっています。

仮想通貨の勃興期

ブロックチェーンの技術というのは、21世紀のビジネスを行っていく上で、画期的な技術となっています。
しかしながら、まだこの技術というのは、世の中に普及していく初期段階です。
結果として、多くの新しいビジネスが、ブロックチェーンの複雑さと使い勝手の良さの日たばさみ状態になってり、複雑な状態になっているのです。
仮想通貨がより普及することで、ブロックチェーンの使用も多くなってきますが、それは、新規ビジネスとブロックチェーンを活用したいと思っている方には、絶好の機会となっているのです。

エンタメ領域での資金調達

FLIKの目標としては、若くて革新的な会社にクリエイティブなエンターテイメントのプロジェクトを実行してもらうことであり、異なる分野でも十分に生計を立てていけるような機会を世界中で提供することを目指すものであります。
特に、クリエイティブな仕事を売ったり、借りたりするプラットフォームを形成し、他では資金を得ることができないようなユニークなエンターテイメントのプロジェクトで、資金集めができるような仕組みを構築するとこを目指しています。
現在、多くの質の高いエンターテイメントのプロジェクトの資金集めにも貢献しているところです。
さらには、開発者にとっても、簡単にそのクリエイティブなプラットフォームを活用できる仕組みが設けられております。
要は、映画やテレビのようなクリエイティブの仕事、全般を向上させるような、そんなプラットフォームを志向しているということなのです。
すでに、このプラットフォームは、テレビや映画の動画をストレスを感じさせないような形で、伝達していくという機能を持っております。
ここにあらたに、よりクリエイティブな場としてのプラットフォームの機能が追加されていくのです。

FLIKの目指す世界

FLIKの仮想の世界の通貨は、所有者がプロジェクトを借りたり、購入したりできる仕組みとなっています。
そして、一般的な刊行物では、実現不可能な、購入者がプレミアムサービスが得られるような仕組みにしていくのです。

伝統的なテレビや映画の資金集めというものは、それは、酷いものでした。
メイン銀行や、弁護士、投資家にお願いをしてくのに、大変時間がかかり、時には10年もかかってしまうというケースもありました。
この仮想通貨では、そんな不都合を解消するために一役を担ってくれるものになるかもしれないのです。

この仮想通貨では、映画やテレビ番組を借りたり、購入したりすることができます。
さらには、伝統的なプラットフォームとのますますの融合も計画されております。
さらには、仮想通貨だけでなく、現実世界の通貨との連携も今後、深められていく予定です。

ブロックチェーンの技術は、課題が山積した世界です。
そして、FLIKは、その複雑難解なものに革新的なプラットフォームで挑み、エンターテイメントの世界の資金集めや、分配方法、そして、支払い方法までもを変えてしまうことを目論んでいます。
ICOで、この通貨が世の中に広まれば、きっとエンターテイメントを次の世代の成功につなげてくれるプラットフォームが創造されることになるでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。