広がり始めた仮想通貨

最近ではネット広告だけでなく、テレビCMでもビットコインという名前を耳にするようになりました。
ビットコインとは所謂、仮想通貨であり、簡単に言えば実体を持たない現金のようなものです。
実体を持たないと言われても、なんだかよくわからないという方も多いかもしれませんが、世間でここまで騒がれている中、幾ばくかの興味が湧いてきたという方も多いのではないでしょうか。

ICOがキーワード

仮想通貨について世の中がここまで動いている理由は、これそのものが生活の上で便利なツールとなるから、というわけではありません。
確かに、電子マネーのような使い方もできますから便利になると言えばそれまでですが、それ以上に世間を騒がせている理由があります。
それは、ICOができるから、ということが挙げられます。

ICOと言われても、一般の方からすれば見当もつかないかもしれませんが、これは仮想通貨を発行して、販売することを言います。
クラウドセールとも言われていますが、これは株の取引をクラウド化したものと考えて良いでしょう。
例えば、新規事業開拓のために、事業者側は資金を調達したいと考えます。
すると、株式会社であれば自社の株を購入してもらい、その資金で新規の事業を起こすのです。
ICOというのは、それと同等のことをクラウド上で行うことと言えるでしょう。

仮想通貨の特徴

仮想通貨は通貨の流通量の調節が自動的に行われるという特徴を持っていて、なおかつ通貨は誰でも自由に発行することができます。
この特徴を利用して、通貨を発行し、事業の資金に充てることができることから、ここまで注目されるようになったのです。

では、実際にICOを行ってみたいという方は、現在最も有名であるビットコインを利用すればよいのでしょうか。
確かに、それも一つの手ですが、そう判断するのはまだ早いかもしれません。
他の仮想通貨サービスにも目を向けてみましょう。
例えば、クラウド型通貨が注目されたことで頭角を現してきた、KUMOCOINが挙げられます。
これは、日本産の通貨サービスで、ビットコイン同様管理者を持たない自由な取引だ出来ることが特徴です。
P2P通信と言われる、サーバーを持たない対等な通信環境を持つことから、リアルタイムな取引ができます。

KUMOCOINの特徴

KUMOCOINの特徴は、何と言っても通貨マイニングができることでしょう。
マイニングとは何かと言えば、直訳すると採掘の意ですが、実際に通貨を掘り当てることができるのです。
では、どのように掘り当てるのでしょうか。

仮想通貨は暗号化されており、非常に安全だという話は耳にしますが、なぜ安全なのかと言えば、データを正確に、随時記録しているからです。
けれども、全世界に存在するユーザーの取引を記録するためにはスーパーコンピューター並みの膨大な処理能力を必要とします。
この問題を解決するために、処理を各ユーザーに分散することによって実現しているのですが、この処理を肩代わりしているユーザーには新規の通貨が発行されて、報酬を得ることができるのです。
これが通貨マイニングというもので、KUMOCOINでは独自のアルゴリズムによって他のサービスよりもマシンパワーを生かし、効率的にマイニングすることができます。

けれども、こういったマイニングができることは、ICOと何ら関係のないことのように思えます。
確かに、直接的には関係のないことですが、間接的には大いに関係することなのです。
例えば、取引を迅速に行うことができます。
有志の方々が効率的に処理をすればするだけ、取引は迅速に、リアルタイムに進めることができるようになりますから、一分一秒が争われるICOに非常に適しているのです。
そういったことから、KUMOCOINは通貨を運用するユーザーだけでなく、出資者からも多くの人気を集めています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。